染めと織り、何が違う?

「染め」と「織り」の違い

布は糸を織って作ります。白い糸を織って白布にし、それを染め、色柄をつけたものを「染め」といいます。

一方、糸そのものを染め、それを織ることによって模様を出したものを「織り」といいます。

後で染めるか先に染めるかの違いで、例外を除いて後染め=染め、先染め=織りとなります。