気くずれしない着付のコツ-その9

9.お太鼓が傾く-帯枕は鏡を見ないで帯の上線に乗せる

 

帯枕を帯の上線に乗せるときに鏡を見ると、体をひねって帯山が傾きがちです。顔は前を向けて、指先と体の感覚だけで乗せましょう。

 

お太鼓柄の帯の場合は、鏡を見ながら柄の位置を確認し、位置が決まったら鏡を見ずに手と体の感覚を頼りに、帯枕を帯の上線に上線に乗せます。