着くずれしない着付のコツ-その5

5.裾が広がる-やわらかものと硬い着物で裾の上げ方が違う

 

着物は「やわらかもの」と呼ばれる縮緬などの柔らかい着物(染めの着物)と、紬などの硬い着物(織りの着物)

に分けられます。

 

柔らかい着物の場合は、下前の褄のを床から15cmほど上前の褄は10cmほど上げます。硬い着物は滑りがよくないため、褄を上げすぎると歩きづらくなります。下前の褄は床から7cm〜8cmほど、上前の褄は4cm〜5cmほど上げれば十分でしょう。もしも広がってしまったら、下前は腰紐の中に入れ込み、上前は腰紐の中に入れて修正します。