着くずれしない着付のコツ-その2

2.衿が開く・衣紋がつまるー衿肩あきの下を両手で引っ張りましょう。

 

 

長襦袢を着たときに、伊達締めの下の衿肩あきのラインを両手で下に引っ張りましょう。

同時に、胸元の緩みもすっきりします。衣紋が詰まったときも、同様に処理しましょう。

 

また外出中に衿が開いたり衣紋が詰まったら、化粧室で着物の裾をまくり、同じ要領で直します。

長襦袢を着るときに、衿と衣紋の位置をきちんと決めれば、衿も衣紋も緩みません。