半衿-色衿

きものだけで過ごしていた時代は、白半衿はよそゆき用、色半衿は普段用という扱いでしたが、最近は華やかなブラウスの衿やスカーフのように、半衿もお洒落感覚のものが多くなりました。

 

きものの衿の間から、ほんのわずかの量しか出ていない半衿なのに、その演出効果には目を見張るものが有ります。洋服でいうとネクタイと同じような役割をもっていますから、半衿の色選びは大事です。

 

色半衿の選び方は、色無地半衿はたいていのきものと調和しますが、きものが濃い場合は淡い色、淡い色の場合は同色の濃い色というように合わせると色のハーモニーが良いようです。

 

小紋や友禅染め、絞りの半衿は、紬のきものに合います。絣や縞、格子や絵絣のきものに、また濃い地色の無地のきものには友禅染めの色半衿が個性的です。また礼装用に箔小紋や唐織りの色半衿がありますが、振袖に合わせると華やかさが強調できます。刺繍半衿も織りのきものに合い、たっぷりと量を見せた着こなしが美しいものです。