半衿

衿は、きものの衿が汚れるのを防ぐだけでなく、きものと肌との間できものの色柄をより強調し、顔色をよく見せるという役割も果たしています。長襦袢の衿に直接縫いつけて用い、汚れたら外してつけ替えます。

 

もっとも正式なのは白半衿です。礼装には必ず白か白地に白金銀糸の刺繍半衿を合わせます。準・略礼装とよそゆき小紋、御召、紬には、白地に色糸の刺繍や白地以外の刺繍の半衿を合わせることもできますが、きものの格や着て行く場所にそぐわない柄や奇抜な色では、きもの本来の雰囲気を壊してしまいます。きものを引き立てる差し色と考えるとよいでしょう。

染めの半衿はカジュアルです。色柄の種類が豊富なので、普段紬や木綿に合わせて個性的なお洒落が楽しめます。