髪かざり-こうがい

単純な棒状の形で、出来上がった髷の中へ挿し込むと、中心が隠れて両端だけ現れます。室町時代、宮中の女官が下げ髪を巻きつけて上にあげたものがルーツですが、江戸時代になると実用性は失われました。