髪飾り-かんざし

もとは束ねた髪に挿して止めるヘアピンのようなものでしたが、江戸時代には装身具として発達し、玉かんざし、花かんざしなど多くの種類が生まれました。上部に耳かきが付いていたり、下の部分で頭髪を掻いたりという実用性もあります。