対丈(ついたけ)

首から足元までのサイズをいいます。現在の女性のきものは、対丈はほとんどなく、お端折(はしょり)分も合わせたサイズで仕立ててありますが、男性のきものは江戸時代から現在までずっと対丈です。