こはぜ

爪のような形をした、足袋のかかとを合わせるための留め具で、江戸時代中期に生まれました。

はじめは鯨の骨や象牙で作られていましたが、現在は金属製が一般的です。