両足を別々に通して下半身に着用する(馬乗り)、活動的な衣服です。平安時代までは上衣の内に着ていましたが、鎌倉時代ごろから上衣の上に着用になり現在に至っています。