羽織

きものの上に重ねる衣服です。室町時代の「同服」がルーツといわれ、江戸時代には女性の着用は禁止されていましたので、主に男性の町人や下級武士の礼服として発達しました。