打掛

近代武家女性の夏以外の礼装で、江戸時代以降も着られました。広い意味では、小袖と同じですが、帯で合わせずに一番上に着ました。その場合、すぐ下に着る小袖のことを「間着」(あいぎ)といいます。