きものに関する紋の数と位置はこのようになっています。

最も格が高いのは、背中心、左右の後ろ袖、左右の胸に紋が入る五つ紋で、主に黒留袖や男性の黒羽織といった最上礼装に用いられます。


次に格が高いのは三つ紋で、背中心、左右の後ろ袖に紋が入ります。主に色留袖に用いられます。背中心の一つ紋だと、訪問着や色無地、江戸小紋に用いられる略礼装になります。なお、振袖は紋がなくても礼装になります。