家紋の移り変わり

鎌倉時代には武家が、敵味方を区別するため、旗印に個人や家または集団を表す紋章をつけました。


室町時代には、乱世により武家が同じ一族の間で敵味方になるなど分裂し、紋の種類が増えました。また、公家と武家の紋が互いに影響し合いました。


江戸時代では、庶民も武家を真似して、きものなどに好みの紋をつけるようになりました。また、紋の図案化が完成しました。


明治時代になると、平民に苗字が許され、どの家も紋を持つようになりました。


現代では、時代の流れとともに家紋を知る機会が少なくなりました。貸衣装などの普及もあり、自分の家の家紋については、わからない人も多くなっています。貸衣装のお店で、◯◯さんの家紋はこれこれですので、この中から選ぶよう言われたそうです。言われるままに、好みの家紋を選ぶよことになっても、なんの疑問も持たなかったという実話もあります。


かつては、家系を顕す手段だった家紋が、ただの飾りになってしまうとは、ちょっと寂しいものがあります。代々受け継がれる家系とは、今の時代、いったいどんな存在なのでしょうか?