紋について

紋とは何?

家族や一族で共有する、図案化された印のことです。家紋ともいいます。きものの場合、紋を付けることで格が上がり、礼装や準礼装になります。

 

もともと家紋は平安時代の中頃に、宮中に出入りする貴族が使用した輿車に紋をつけたのが最初とされています。

その後、戦場における敵味方の識別の為に、陣幕やのぼり等に用いられ、江戸時代に入り戦乱がおさまると共に軍事的な効果を失い装飾的意味あいを強めました。