着付けに必要な物

 

肌襦袢と裾よけ

半衿付き長襦袢(衣紋抜き・ひも付き)

衿芯

足袋

着物

帯揚げ・帯〆

  

タオル 3枚 ハンドタオル 1枚

腰ひも 3〜4本

ウエストベルト

コーリンベルト

だて締め 2本

帯板(ゴム付き)

帯枕(ガーゼ袋入り)

クリップ 2個


 

 

☆足袋以外の商品は、着付教室でも販売しております。

 

 

美しくきものを着るためには、きものや帯の他に着付けのための小物が必要です。きものの種類によって変わるものもありますが、基本的には共通して使用できます。

 

足袋 白の木綿足袋は、季節を問わずどんなきものにも合います。

足袋の素材には、絹や化繊、夏用には麻などもありますが、最も扱いやすいのは丈夫で型くずれしにくい木綿そざいです。上質なキャラコのほか、エジプト綿や海島綿などの高級素材もあります。

 

色は白が基本ですべてのきものに使えます。色無地や小紋柄の足袋は紬や小紋のお洒落着、アンティーきものなどに合わせると楽しいでしょう。足袋にもきものと同じように合わせ仕立てと夏用の単衣仕立てがありますが、木綿の合わせ仕立ては通年で使えます。

 

足袋の留め金具であるこはぜは三〜六枚まであり、四枚か五枚が一般的です。また、足袋のサイズは、大きすぎると足首や甲にしわが寄ってしまいます。靴のサイズよりも少し小さめのものを選ぶと、よけいなしわが出ず美しく履くことができます。

 

裾よけ 裾さばきが良くなり、歩きやすく、着くずれを防ぎます。

「蹴出し」とも呼ばれる裾よけには、裾さばきをよくし、歩きやすくすることで着くずれを防ぐという重要な役割があります。素肌につけるものなので、通気性と吸湿性のよい素材を選びます。白のキュプラはきものを選ばず通年で使え、洗濯も手軽にできる万能の一枚ですが、他にもさまざまな素材があるので、季節や用途に合わせて使い分けるとよいでしょう。

 

合わせの季節には、絹、綿、キュプラなどが一般的です。夏用にはさらりとして肌触りのよい絽やクレープ、麻などがあります。冬用には保湿性の高いネルやモスリンなどもあります。礼装や夏のきものには白か薄色を用いますが、お洒落着用には色無地や絞り、小紋柄など色柄物も豊富です。見えない物ですが、自分だけのお洒落を楽しんでみましょう。

 

肌襦袢 着くずれを防ぐ、もっとも大切な土台となります。

肌襦袢は素肌と長襦袢の間で双方をなじませ、着くずれを防ぐという重要な役割を持ちます。美しいきものの姿のもっとも大切な土台といえます。素肌に直接触れるものなので、吸湿性、通気性に優れ、洗濯に耐える丈夫な素材を選びます。

 

昔から多くの人に愛用されてきた晒木綿の単衣仕立てのものは、そうした基本条件を兼ね備えた素材で一年中使用でき、現在も肌襦袢の主流となっています。

 

夏用のものとしては、クレープや絽、麻なども肌にべとつかず、涼しく着られます。

防寒用には保湿性の高いガーゼ素材や、袖口を細く仕立たものもあります。

デザインも前で合わせる形やホック付きのもの、裾よけと一体化したワンピース型などさまざまなものがあります。好みやTPOに合わせて選びましょう。

 

半衿 基本は白です。季節やきものの種類によって使い分けをします。

半衿は、きものの衿が汚れるのを防ぐだけでなく、きものと肌との間できものの色柄をより強調し、顔色をよく見せるという役割も果たしています。長襦袢の衿に直接縫いつけて用い、汚れたら外してつけ替えます。

 

基本となる白半衿は、きものを選ばず使えます。一口に白といっても素材は豊富です。季節やきものの種類によっって使い分けます。袷のきものには、塩瀬や縮緬、綸子などを、夏は絽のきものには絽、紗には紗か絽、麻には麻、紬など織りのきものには絽か麻を合わせます。小紋や紬などのお洒落着には、色物の半衿も楽しいでしょう。

 

色無地や小紋柄、刺繍半衿は衿もとを華やかにします。刺繍半衿の中でも白地に金銀の刺繍は礼装用、色地に刺繍のものは基本的にはお洒落用です。

 

 

長襦袢 礼装用には白か淡い色を。お洒落着には色物も楽しいです。

きものの下に着るきものとほぼ同じ形をした下着が長襦袢で、半衿をつけてきます。肌襦袢ときものの間で着くずれを防ぐ役割を果たしています。また、袖口や袂からちらりと見える長襦袢の色や柄は、重ねの美しさを醸し出しています。

 

季節やきものの素材によって、長襦袢の素材も使い分けます。袷の季節には、綸子や一越縮緬などの絹のほかモスリンや木綿などがあります。夏は、絽や紗、麻などを合わせます。

 

長襦袢は、きものの種類に合わせて色や柄を合わせます。留袖や喪服には白と決まっています。訪問着や付け下げなどには、白か薄い色目の無地やぼかしを、紬や小紋などのお洒落着には柄物や色の濃いものも楽しいでしょう。いずれの場合でも、袖丈と裄はきものの長さに合わせます。

 

腰紐 締めやすく緩みにくく、きものを傷めないものを選びましょう。

きものを着て着たけを決め、腰骨のうえで結ぶ腰紐は、着付けに用いる紐のなかで、もっとも大切なものです。この腰紐一本できものを支えると言っても過言ではありません。そのため、締めやすくかつ緩みにくく、かさばらず丈夫で、強く締めてもきものを傷めない素材であることが求められます。

 

こうした条件を満たす腰紐のなかで、もっと一般的なものは、幅3〜5cmの袋状になったモスリンです。そのほかにも、楊柳や羽二重などの正絹、木綿、化繊やゴム製のものなど、さまざまな素材、幅、長さのものがあり締め心地もそれぞれ異なります。締めやすさや使いやすさには個人差がありますから、実際に使ってみたうえで使いやすいものを選ぶと良いでしょう。

 

伊達締め 着くずれを防ぐ幅広の紐です。締めやすく通気性のよい素材を選びましょう。

伊達締めは、長襦袢やきものの胸元に締めて、着くずれを防ぐための幅広の紐です。幅10cmほどのものが一般的で、素材は正絹、モスリン、木綿、化繊、ゴム製などがあります。

 

正絹の中でも、もっとも人気があるのが機能的で且つお洒落な博多織りの伊達締めです。胴に巻く部分は適度な硬さがありながら、両端は柔らかい織りになっていて締めやすいのが特徴です。どんなきものにも馴染み、通気性もよく、胸元に汗がたまるのを防いでくれます。胸元はただでさえ重なりが多いので、通気性の悪いものだと汗が溜まり、きものにひびくことがあります。伊達締めは腰紐と同じように通常よりも長さのある長尺タイプもあるので、体型に合わせて選べます。

 

帯板 しわを防ぎ美しい前帯を保ちます。好みや体型に合わせて選びましょう。

帯板は前帯のしわを防ぐための道具です。振袖などでは、前だけでなく後帯にも用いられます。前帯に使う場合、袋帯や開き仕立ての名古屋帯は二巻き目の折った帯の間に入れ、手先を折って仕立ててある帯は一巻き目と二巻き目の間に入れます。左右にゴムの付いたタイプは、伊達締めのうえに付けてから帯を巻きます。

 

市販されている帯板の寸法はさまざまで、帯の種類や体型などに合わせて選びます。幅は約15cmが標準で、それ以上の幅のものは帯幅を調節できる帯に用います。幅の狭いものは、帯幅が決まっている名古屋帯や半幅帯、後帯などに用います。長さも数種ありますが、体の幅より短めのものを選びます。色柄も豊富で、礼装には白か淡色、喪服には黒、お洒落着には柄物と使い分けるのが理想的です。

 

帯枕 帯山を立体的に支えます。帯結びに合わせた形や大きさを選びましょう

帯枕はお太鼓結びをはじめ、さまざまな帯結びを立体感のある形に作りあげるための道具です。帯板同様、その寸法や形状はさまざまです。

 

好みや帯結びに合わせて、もっとも適したものを選びましょう。帯枕は帯揚げによって覆い隠されてしまうので、帯結びにもよりますが、表からはほとんど見えません。色無地のシンプルなものが基本ですが、可愛らしい小紋柄や厄よけの意を込めた柄のものなど、和装ならではの遊び心を刺激するものもあります。

 

基本的な形はお太鼓に使う一文字です。ガーゼに包まれたもの、両側に紐のついたもの、紐がなく帯揚げに包んで使うものなどがあります。大きくて厚みのあるものは、正装の二重太鼓や若い方向きで、小振りで薄めのものは、普段着や喪服、年配の方向きといえます。

 

衿芯・三河芯

衿の形を保つために、長襦袢の衿に入れる芯です。木綿に糊をつけた三河芯は、自然と衣紋が抜けるので普段着におすすめです。プラスチック製の衿芯は、しっかりと衣紋を抜くので、特に礼装に用います。ただし、堅すぎるプラスチック製は、衿元が浮く原因にもなるので、柔らかいものを選びましょう。

 

補整パッド

普段着のきものであれば、補整に神経質になる必要はありませんが、綺麗な着付けを心がけたい礼装や、バストが豊かな方、腰が内側にえぐれている方は、補整をすることとおすすめします。補整をすることでバストが帯の上に乗ってしまったり、帯に余計なしわが寄ることもありません。

 

コーリンベルト

両側にクリップがついたゴム製のベルトです。きものの下前と上前それぞれの衿先を挟み、胸元を固定します。

胸元を押さえず楽で、普段着の着付けにおすすめです。

 

クリップ

長襦袢ときものの衿を挟んでおいたり、帯が緩まないように止めておくのに役立ちます。