¥3,800〜(新品)

半幅帯とは

帯の格としては、もっともカジュアルな帯です。ただし、金銀糸を織り込んだ織りの半幅帯は、訪問着や付け下げなどの礼装やよそゆき着に合わせることができます。

織りの半幅帯以外で、袋状に仕立てられた半幅帯は、カジュアルな小紋や紬、木綿やウールなどの普段着に、1枚仕立ての単衣帯は夏の普段着や浴衣に合わせます。



帯の種類と格付け

昔からきもの一枚に帯三本といわれるように、同じきものでも、帯で格や雰囲気を変えられますが、かといって礼装用のきものにカジュアルな帯は合わせませんし、その逆も不釣り合いです。きものと帯の合わせ方で大切なのは、格をそろえることです。基本の格付けから、大きく外れる帯袷をしないのが鉄則です。


帯は同じ種類でも素材の違いや文様などで格が変わります。例外はありますが、基本は染めではなく織り、二重太鼓が結べる、金銀糸の分量が多い、格調高い文様この四つの条件すべてを満たした帯が最高格になり、該当する条件が多いほどフォーマルな帯と考えるとよいでしょう。


丸帯

現在の帯幅の原型は丸帯です。江戸時代中期頃、女性の髪型が大きくなったことに伴い、それまで使われていた幅の狭い帯ではバランスが悪くなり、広幅の丸帯が作られたとされています。


広幅に織った帯地を二つ折りした丸帯は、重く締めにくかったため、袋帯の登場とともに次第に廃れていきました。今では花嫁衣裳や舞子さんの帯くらいにしか使われなくなりましたが、昔の人は正装というと必ず丸帯を二重太鼓に締めていた名残から、改まった装いには二重太鼓が正式な帯結びとされています。丸帯はアンティークショップなどでも購入することができますので、今でも礼装に結ぶことができます。

袋帯

礼装用

袋帯は明治時代後期から大正時代にかけて、丸帯の代用として考案されました。当初はあくまでも丸帯に次の格でしたが、現在はもっともポピュラーな礼装用の帯です。


式典や儀式など改まった場所に用いて、おもの金銀糸を多用し、格調高い古典模様を織りだした礼装用の袋帯は、見た目にも重厚感があるため、重たい帯と表現されることもあります。留袖や訪問着、紋付のきものに合わせて、結婚式や祝賀会など格式を重んじる場面で締められます。


お洒落用

礼装用と形状は同じですが、銀糸を控えるかもしくは使わずに、デザイン化した抽象的な柄や幾何学柄、遊び柄の袋帯は洒落袋帯と呼ばれるお洒落用です。改まった感は礼装用よりも軽めなため、儀式や式典には不向きです。


礼装用では仰々しい場合は、訪問着や付け下げに合わせればカジュアルになり、よそゆき小紋やお洒落紬にあわせればよそゆき度がアップします。


染めよりも織りの帯の方が格上です。ただし、紬地などカジュアルな素材の帯は礼装用のきものには合わせません。

名古屋帯

織り名古屋帯

きものがまだ日常着だった時代、重い丸帯に代わって考案されたのが袋帯です。それでも約420cm以上あったので、日常的に二重太鼓に結ぶには手軽とはいえませんでした。そこで、考案されたのが名古屋帯です。長さを短くした一重太鼓に結べる軽い帯は、現在でももっとも出番の多い帯です。


織りと染めがあり、金銀糸を使ったものや格調高い古典模様の織り名古屋帯は略礼装に合わせられます。

ただし、二重太鼓に結ぶ式典や儀式では不向きです。


染め名古屋帯

名古屋帯の中でも染め名古屋帯は、普段着からちょとしたよそゆきまで締められる利用範囲の広い帯です。仕立て方に違いがありますが、それによって格が変わることはありません。

 

柄は多彩で、更紗や幾何学や遊び柄は、木綿や紬、小紋に合わせてカジュアルなきものに合わせます。金銀の彩色が施されたものや古典模様、植物や波菜を絵画的に染めた上品な物は、お洒落小紋やお洒落紬に合わせるとよそゆきの雰囲気になります。織り名古屋帯を礼装用のきものにあって、染め名古屋帯を合わせることはまずありません。


八寸帯

八寸帯のはか、袋名古屋帯、八寸名古屋帯、かがり名古屋帯などさまざまな名前で呼ばれています。名古屋帯と帯幅は同じですが、八寸帯は地厚の帯地を芯を入れずに一枚で仕立てます。


代表的なものはつづれ織、紬、博多織でいづれも一重太鼓に結びます。紬や博多織の八寸帯は、帯の格の中ではカジュアルなもので、木綿や紬、小紋などのお洒落着や普段着に合わせます。ただし、金銀糸を使ったつづれ織の八寸帯は、フォーマルな帯として合わせられます。


半幅帯・兵児帯

夏の浴衣でなじみ深い半幅帯は、帯の格としてはもっともカジュアルな帯です。ただし、金銀糸を織り込んだ織りの半幅帯は、軽いパーティなど趣味の装いが楽しめる場所で、訪問着や付け下げなどの礼装やよそゆき着に合わせることができます。


そのほかの木綿や博多織、麻、ポリエステルは普段着用に、兵児帯はすべて普段着用になります。袋状に仕立てられた半幅帯は、袷の時季用でカジュアルな小紋や紬、木綿やウールなどの普段着に、一枚仕立ての単衣帯は夏の普段着や浴衣に合わせます。