行事の装い

おもな子供の行事

古くから日本では、節目節目に子供の成長を祝う儀式が行われてきました。正装が正式な装いですが、現在は子供の衣裳も多様になり、母親も準・略礼装でもよいとされています。


入・卒式はきものを着るよい機会です。母親のきものの姿は、子供の心に残るものです。主役の子供を引き立てるつもりで、品格ある装いを心がけましょう。


初宮参り

生まれた土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に、無事に赤ちゃんが生まれたことを感謝し、健やかな成長を祈願する行事で、初宮参り産土参りともいいます。生後一ヶ月の都合のよい日を選んでお参りします。一般的に赤ちゃんに掛け着を着せ、産後間もない母親に代わり、父方の祖母が抱いて参拝します。


七五三(三歳)

平安時代から伝わる儀式で、男女ともに生後七日目で産毛を剃り、三歳から髪の毛を伸ばし始める髪置きの儀式が始まりです。現在では数え年三歳の成長を祝い、11月15日に神社や寺などに参拝します。本来男女ともに祝いますが、地方によっては男児は行わないところもあります。


七五三(五歳)

五歳の男児が初めて袴を付ける袴着の儀式が由来です。かつては碁盤の上に立たせ、恵方を向かせて着付けをする習慣がありました。人生において、どんな場面でも乗り越え、そして勝つようにという親の願いが込められた儀式でした。


七五三(七歳)

女児が初めて大人と同じ帯を結ぶ、帯解きの儀式が由来です。これにより女児から一人の女性として認められる儀式でした。七五三は地域によって執り行い方も年齢も、性別も異なりますが、いずれも子供が無事に成長したことを喜び、末長い健康と幸せを願う親心に変わりはありません。


十三参り

4月13日に数えで十三歳になった男女が、虚空蔵菩薩に参拝をし、福徳と知恵を授かるよう祈願する行事で、知恵詣でや知恵貰いとも呼ばれています。近年では入学試験合格祈願もかねて、全国的に中学校入学前に行われる傾向になりつつあります。また女性の最初の厄よけの意味もあるようです。


成人式

中国から伝わった加冠の儀式に由来し、日本では平安時代の元服式が成人式のルーツとされています。成人式が現在のスタイルになったのは、1948年1月15日、敗戦間もない日本では、大人になったことを自覚し、自ら生き抜こうとする成年を祝い励ます日として、成年祭を定めたのが始まりです。




母親の装い  訪問着・付け下げ・色無地・よそゆき小紋

子供の誕生は、きものを誂えるよい機会です。かつて母親の装いは、紋付き黒羽織が一般的でしたが、今は訪問着や付け下げが主流です。上品な色柄の訪問着や付け下げを揃えておけば、初宮参りから七五三、入・卒式まで、子供に関する行事や式典に着ることができます。


子供の行事で心がけたいのは、主役である子供よりも華美にならないことです。華やかさよりも、品格ある装いを意識し、晴れやかな気持ちを表します。特に淡い色合いのあっさりとした柄付けの古典模様のきものに、格調高い帯がおすすめです。


小紋であれば古典模様のよそゆき小紋に、華美になり過ぎない袋帯や織り・染め名古屋帯を合わせます。遊び柄のカジュアルな小紋は祝や式典には不向きです。