きものの種類と格付け

きものは、柄の位置と素材の違いで、種類と格が分かれます。さらに紋の数や合わせる帯と小物によって格は上下します。実際には同じ種類のきものでも、柄付きによってはフォーマルにもカジュアルにも見えてしまい、どの場所にきていいものか迷うこともあります。


きものには柔らかものと織りがあります。柔らかものと織りは素材のことだと考えましょう。まず柔らかものとは、上質な白の絹糸で反物を織ってから色柄を染める後染めのきもののことで、その代表が留袖や訪問着などの礼装です。

 

そして織りは、先に糸を染めてから反物に織る先染めのことで、紬や木綿がこれに該当します。例外として後染めの紬もありますが、柔らかものはフォーマル寄り、織りはカジュアル寄りと覚えておくとよいでしょう。

そのことからわかるように、柔らかものは正装からお洒落着までのことで、黒留袖から小紋の間の格に相当するきものをいいます。織りはお洒落着からカジュアル着の間のことをいい、御召から木綿のきものに相当するものを指します。

 

正装

黒留袖

裾のみに絵羽模様がある五つ紋付の黒地のきものです。既婚女性が着るもっとも格の高いきものです。本来黒留袖は、結婚した女性が振袖の振りを縫い塞ぎ、婚家に入ってから色を変えない誓い、つまり婚家に留まる意味から着ていたきものでした。

 

それが大正4年、皇室礼によって黒留袖が既婚女性の正装に定められ、おもに結婚式で親族が装うようになりました。

 

黒留袖にはルールがあり、必ず白の比翼仕立てで染め抜き日向五つ文をいれます。帯は金・銀・白の地色に、吉祥文や有職文様を織り出した重厚感のある袋帯を締めます。小物は金・銀・白の礼装用を合わせ、半衿、長襦袢、足袋は必ず白にします。

 

色留袖(五つ紋)

裾のみに絵羽模様がある黒地以外のきものです。五つ紋付で黒留袖と同格になります。

既婚・未婚を問わず着ることのできる礼装です。

 

紋の数で格が変わり、染め抜き日向五つ紋で黒留袖と同格の正装になりますが、最近は、五つ紋では着て行ける場所が限定される理由から、三つ紋または訪問着感覚になる一つ紋で、準礼装に仕立てるのが主流です。結婚式の親族の装いでも、五つ紋に拘らずに着る傾向にあるようです。

 

ちなみに黒を避ける慣例のある宮中行事では、色留袖が正式です。五つ紋付は、黒留袖に準じた帯・小物を合わせます。三つ紋、一つ紋付は帯揚げや帯締めは白以外の淡色も用いることができます。

 

 

 

 

振袖

未婚女性のきものの中でもっと格の高いきものです。他のきものよりも袖丈が長いです。

昔の女性は結婚すると、袖丈の長いきものの振りを縫い塞いで留袖にしていました。その留袖に対して長い振りのきものを振袖といい、現在では未婚女性の正装とされています。

 

袖丈によって大振袖、中振袖、小振袖とあり、一般に花嫁衣裳には大振袖、成人式は大振袖から中振袖が用いられます。白地に金銀の小物しか合わせない黒留袖や五つ紋の色留袖と違い華やかな色のものを合わせられます。

 

結婚後もパーティドレスとして楽しめます。その場合は成人式用の帯や小物ではなく、訪問着用を合わせるとよいでしょう。

 

 

準礼装

色留袖(一つ紋・三つ紋)

紋の数を減らして格を下げることで、式典以外にも着られる準礼装になります。最近はこの紋の数が主流です。

 

色無地(三つ紋)

一色染めの無地のきものです。紋を三つ付けることで準礼装になります。最近の主流ではないですが、五つ紋で正装になります。

 

訪問着

昔は一つ紋か三つ紋を付けましたが、今は紋なしが主流です。留袖同様、縫い目で柄が繋がる絵羽模様です。

 大正時代末期、気軽に着られるよそゆきが欲しいという女性のニーズ応えてつくられたのが訪問着です。訪問着という呼び名も、午後の訪問用の社交着であるビジティングドレスと同じ感覚で名づけられています。

 

仮絵羽といって、一度きものの形に仕立ててから染めるため、縫い目で柄が繋がる絵羽になっています。留袖同様の仕立て方です。帯や小物次第で、格調高くもドレスアップもできる訪問着の柄や素材は多種多様です。

現在は紬素材の訪問着も作られています。紋はほとんどの場合省略します。



江戸小紋(一つ紋)

遠目からは無地に見える江戸小紋三役など格の高い柄の江戸小紋は、一つ紋を付けると準礼装になります。

 

付け下げ(一つ紋)

一つ紋付で略礼装から準礼装になりますが、最近は着用範囲を広げる目的から、紋は付けないのが主流です。

 

 

略礼装

付け下げ

訪問着を簡略化したきものです。柄付けによって訪問着に見えるものや小紋に見えるものもあります。

第二次世界戦中、華美な訪問着の代わりに作られたのが 付け下げです。柄の配置は訪問着と同じですが、仮絵羽ではないため、縫い目で柄が繋がる絵羽模様ではありません。

 

茶席のきものとして愛用する方も多く、訪問着より気軽で小紋よりも格が高いため、着用範囲の広い万能きものとして重宝されます。最近は、付け下げ訪問着と呼ばれる絵羽模様のものも作られていて、見た目はほとんど訪問着と変わらないのに安価なため、訪問着に代わる礼装として人気があるようです。

 

 

江戸小紋

無紋でも細かい柄や格の高い柄は、遊び柄や大柄の江戸小紋よりもランクは上の装いになります。

 

色無地と同じ一色染めのきものですが、糊で防染した部分が白く染め抜かれて柄になっているのが江戸小紋です。

柄の大きさと種類によって格に違いがあり、江戸小紋三役と呼ばれる柄や極小の柄は格上です。一つ紋付は準礼装として、友人の結婚式や式典など改まった場所で着ることができます。

 

ただ、紋を付けると着用範囲が狭まるため、格上の柄のでも紋は付けず、略礼装として着用範囲を広げる方が多いようです。また遊び柄や大きな柄の江戸小紋はお洒落着です。紋付にする場合には背中心に洒落紋をいれます。

 

色無地(一つ紋)

式典からちょったしたよそゆきまで着られる一つ紋付の色無地は、着用範囲の広い万能きものの一つです。

 

一色染めの色無地は、紋の数によって格が変わります。五つ紋をつければ留袖につぐ正装になり、改まった式典や親授式、親族の結婚式に着て行くことができます。

 

また三つ紋は準礼装になり、無紋の訪問着よりも改まった礼装になります。

 

現在最も多いのは一つ紋です。三つ紋と同じ準礼装になりますが、三つ紋ほど仰々しくなく、友人の結婚式から子供の入・卒式、よそゆきまでさまざまな範囲で着回すことができます。地紋のある素材の場合は慶事用と弔事用があり、弔事用の地紋のものは色喪服に仕立てます。


 

よそゆき・お洒落着

よそゆき小紋

古典模様や飛び柄の小紋は、改まった場所に着られるよそゆき着になります。

小紋の基本的な格付けは普段着ですが、さらによそゆき着、お洒落着、カジュアル着にわけられます。

 

よそゆき着になる柄は、古典柄や飛び柄です。若い方なら袋帯を合わせて友人の披露宴にもきられますが、格式ある式・披露宴では、くだけすぎと思われることもあります。ぼかし染めなど無地感の強い小紋は帯と小物次第でお洒落着にもカジュアル着にもなります。


お洒落小紋

抽象的な柄や幾何学模様、遊びの効いた柄の小紋はお洒落着になります。よそゆき小紋よりもカジュアルなきものです。

 

御召

柔らかものと織りの中間の風合いの御召は、色柄によってはカジュアルにもフォーマルにもなります。正式には御召縮緬といい、十一代将軍徳川家斉が好んで着たことからその名が付けられました。

 

紬や木綿と同じ織のきものですが、記事に凹凸のしぼがあり、しゃり感のある手ざわりと紬よりも軽い着心地から、もっとも高級な織のきものとされています。小紋ほど柔らかくなく、紬ほど硬くありません。無地感の強いものなら、パーティやちょっとしたお出かけ遊びまで幅広く着回せます。

 

 

お洒落紬

本来紬は普段着ですが、上質な素材の無地感覚または細縞のものはお洒落着になります。

 紬は織のきものの代表格です。絹糸の段階で色を染めてから反物に織るため、柔らかものよりざっくりとした風合いや手触りが特徴です。

 

染織作家の作品や上質な紬や無地感の強い紬は、軽いパーティや同窓会など改まりすぎずにお洒落を楽しめるきものです。 現在は、訪問着のような絵羽模様の後染めの紬もあり、直用範囲も広がりました。ただし紬は普段着というのが常識です。絵羽模様以外の紬は、披露宴には不向きです。

 

カジュアル着

カジュアル小紋

ポップな柄や色づかい、幾何学模様の小紋は、半幅帯や色衿、色足袋、下駄を合わせたカジュアルな装いが楽しめます。柔らかものなので上品な染め名古屋帯に白半衿、白足袋に草履を合わせれば、同じ幾何学模様でも織りのきものよりドレスアップできます。

 

ただし、小紋はあくまでも普段着です。中でもカジュアル小紋はくだけた雰囲気なので、ホテルや夜のレストランなどに着て行く時は、名古屋帯を合わせて草履に足袋を合わせましょう。

 

カジュアル紬

格子の紬はカジュアルな普段着です。見た目の雰囲気の問題で、お洒落紬とカジュアル紬の定義はありません。

本来紬は、養蚕農家が 出荷できない繭を使い、自分たち用に織った日常着でした。今でも全国各地で織られていて、生産地によって繭や糸の加工、織り方が少しずつことなり風合いもさまざまです。特に格子や絣柄などのカジュアル紬には、素朴な雰囲気があります。一般的には染めの名古屋帯や八寸帯を合わせますが、半幅帯でカジュアルに着たり、帯留めや半衿のお洒落に凝ることもできます。木綿の次に自由度の高いきものと考えるとよいでしょう。


木綿

普段着くつろぎ着です。単衣仕立てで一年を通して着られます。気軽にきられる普段着です。

単衣仕立てで季節を問わずに着られます。帯は染め名古屋帯、八寸名古屋帯、半幅帯、兵児帯を締めます。半衿や帯締め・帯揚げは、好みで合わせられます。半衿をつけて着る場合には、素足ではなく足袋で下駄を履きます。

 

ウール

普段着、くつろぎ着です。木綿と同様に単衣仕立てで、盛夏以外は着ることができます。

木綿同様、単衣に仕立てるウールのきものは、きものが日常着だった時代に軽くて手入れが楽なことから、実用的な普段着として普及しました。

 

現在は絹糸を織り交ぜたシルクウールや、化繊と混紡のウールも作られていて、紬のような風合いのものもあります。帯や小物は木綿と同じ感覚で、カジュアルなものを合わせます。