¥4,800〜

 

 

色無地とは

 模様のない黒以外の無地のきものです。紋の数や帯びの合わせ方で、慶弔行事や茶席など、いろいろな場所に着ていける便利な一枚です。五つ紋付や三つ紋付は格のある袋帯、一つ紋付きは軽めの袋帯か織り名古屋帯を合わせます。

一色染めで紋を付けます。慶弔両用には、中間色や渋めの色で、紗綾型、檜垣、雲取り等の地模様のものを選ぶとよいでしょう。


色無地

 

色無地は利用価値の高いきものです。1つでも紋が入れば      無紋の訪問着よりも格上になり、紋を入れなければお洒落 着感覚でも着られます。


紋を付けて袋帯と合わせれば、準礼装になります。

 

名古屋帯と合わせれば、お茶の席や気軽なパーティにて行けます。