小紋のきものとは

型染めによる繰り返しの模様が有り、ちょっとしたお出かけに楽しめる便利なきものです。

やや改まった雰囲気には織名古屋帯、お洒落に着こなしたいときは染名古屋帯など、TPOに

合わせて選びましょう。もっとも幅広く着られるきものです。

                   ¥3,800〜

 

 

小紋と名古屋帯

 

小紋は街着や旅行、コンサート等気軽に

着られるお洒落着です。

帯や小物次第で、色々楽しめます。

 

 

 

江戸小紋

  ¥4,800〜

 

 

 

江戸小紋の文様

江戸時代の大名達が、各藩で制定した定め小紋(留柄)を裃に用いたのが江戸小紋の始まりです。今でもその名残りから、徳川家や前田家などが用いた定め小紋の柄は、江戸小紋の中でも格上とされています。また江戸小紋の最大の特徴は、職人の卓越した技が生み出す精緻でな柄です。その柄は細かければ細かいほど貴重とされ、一つ紋で準礼装に、無紋でも略礼装と着ることができます。

 

江戸時代中期になると、江戸小紋は庶民の間にも広がり、定め小紋の柄以外のものも生まれました。江戸っ子のユウモアから生まれた柄をいわれ小紋といい、現在でもお洒落着用の江戸小紋に多く見られます。

 

フォーマルな柄

江戸小紋三役と呼ばれる鮫、行儀、格通しや遠目から見て無地に見えるほど細かい柄は格上の柄です。特に細かい柄は、名称の頭に極がつきます。

 

江戸小紋に紋を入れるなら、三役の中でも最も格調の高い鮫小紋に一つ紋がおすすめです。格通しと行儀は入れない方が洒落ています。現在は型染めをより簡易にした枠染めがほとんどで、昔ながらの手染めの江戸小紋は大変貴重です。

細かい点で斜めに重ねた扇型を、鮫の肌に見立てています。より細かい極鮫は紀州徳川家の留柄です。

行儀

格通しに似ているが、点が斜め45度に規則正しく並んでいます。礼を尽くすという意味をもちます。

格通し

極小さな正方形を縦横に整然と並べた文様です。縦にも横にも筋を通すという意味をもちます。


 

カジュアルな柄

古典模様でも遠目からもはっきりと分かる柄や、具象柄、遊びを効かせた柄などの江戸小紋は、食事会やショッピング用のカジュアルなお洒落着になります。