小紋のきものとは

型染めによる繰り返しの模様が有り、ちょっとしたお出かけに楽しめる便利なきものです。

やや改まった雰囲気には織名古屋帯、お洒落に着こなしたいときは染名古屋帯など、TPOに

合わせて選びましょう。もっとも幅広く着られるきものです。

                   ¥3,800〜

 

 

小紋と名古屋帯

 

小紋は街着や旅行、コンサート等気軽に

着られるお洒落着です。

帯や小物次第で、色々楽しめます。

 

 

 

江戸小紋

  ¥4,800〜

 

 

 

江戸小紋の文様

江戸時代の大名達が、各藩で制定した定め小紋(留柄)を裃に用いたのが江戸小紋の始まりです。今でもその名残りから、徳川家や前田家などが用いた定め小紋の柄は、江戸小紋の中でも格上とされています。また江戸小紋の最大の特徴は、職人の卓越した技が生み出す精緻でな柄です。その柄は細かければ細かいほど貴重とされ、一つ紋で準礼装に、無紋でも略礼装と着ることができます。

 

江戸時代中期になると、江戸小紋は庶民の間にも広がり、定め小紋の柄以外のものも生まれました。江戸っ子のユウモアから生まれた柄をいわれ小紋といい、現在でもお洒落着用の江戸小紋に多く見られます。

 

フォーマルな柄

江戸小紋三役と呼ばれる鮫、行儀、格通しや遠目から見て無地に見えるほど細かい柄は格上の柄です。特に細かい柄は、名称の頭に極がつきます。

 

江戸小紋に紋を入れるなら、三役の中でも最も格調の高い鮫小紋に一つ紋がおすすめです。格通しと行儀は入れない方が洒落ています。現在は型染めをより簡易にした枠染めがほとんどで、昔ながらの手染めの江戸小紋は大変貴重です。

細かい点で斜めに重ねた扇型を、鮫の肌に見立てています。より細かい極鮫は紀州徳川家の留柄です。

行儀

格通しに似ているが、点が斜め45度に規則正しく並んでいます。礼を尽くすという意味をもちます。

格通し

極小さな正方形を縦横に整然と並べた文様です。縦にも横にも筋を通すという意味をもちます。


 

カジュアルな柄

古典模様でも遠目からもはっきりと分かる柄や、具象柄、遊びを効かせた柄などの江戸小紋は、食事会やショッピング用のカジュアルなお洒落着になります。

 

 

 

きものの購入

反物から自分サイズに誂える方法と、仕立て上がったものの中から選ぶ、リサイクルショップで自分に合ったサイズをみつける、譲り受けたきものを自分のサイズにリメイクするなどがあります。

 

気に入った反物や、結婚式や式典などでこれから出番が多くなりそうなフォーマルきものなどは、自分サイズで仕立てた方が、着心地もよくおすすめです。街着としてきものに親しみたい場合や、着付け用の練習用であればリサイクルショップなどを活用すると、安価で買い求めることもできます。

 

お誂え

反物や仮絵羽から気に入ったものを探し、それを自分のサイズにぴったり合わせて仕立てます。細部まで寸法が合っているため着上がりの美しさは格別です。反物の価格に仕立て代や八掛代、湯のし代などが別途加算されます。購入の際には、初めに最終的な価格を確認するとよいでしょう。

 

 

仕立て上がり・プレタ

すでに仕立て上がっていてほとんどが L寸(身長約163cm用)標準サイズです。価格には仕立てなどが含まれているので、ほぼ表示価格で購入できます。ただし手持ちの長襦袢に合わせる場合には、裄などの寸法が合っているか注意が必要です。

 

 

リサイクル・アンティーク

サイズやコンディションはさまざまです。生地が弱っていたり、シミが付いていたりすることもあるので、慣れないうちはお店の人によく確認するといいでしょう。またきものによってはサイズの直しができないこともあるので、あまりにもサイズが違いすぎるものは避けた方が無難です。

 

 

手持ちのきものをリメイク

譲り受けたきものを自分のサイズに仕立て直したり、シミ抜きをすることで再び生地が生き返ります。

 

 

きものの購入方法 

呉服店

呉服店によってはそれぞれ個性や得意分野が異なるため、自分好みのお店を探すのが先決です。ディスプレイの内容や仕方を見れば、フォーマル、カジュアル、モダン、古典などの得意分野がわかりますし、スタッフの装いからもお店の趣向を感じることができます。ハードルが高いイメージの呉服店ですが、気に入ったお店が見つかればお直しや悉皆などの相談にも乗ってもらえ、長いお付き合いが期待できます。

 

 

デパートの呉服売り場

老舗デパートのほとんどはもともと呉服店でした。そのため独自の呉服売り場を持つところが多く、品揃えも豊富で、デパートならではの安心できる品質の商品を適正価格で購入することができます。デパートの呉服売り場もハードルが高いイメージがありましたが、最近は職人によるパフォーマンスや催事が頻繁に行われ、気軽に立ち寄り楽しむことができます。

 

 

リサイクル・アンティークショップ

呉服店よりも気軽な雰囲気で入りやすく、希少価値の高いアンティーク以外はほとんどは安価なため、状態の良いサイズが合うものが見つかれば利用価値は十分あります。

 

きものに触れる際にはお店の方に一声かけるようにします。

 

これは呉服店でも同じです。きものを購入する際に共通することですが、着て行く場所や目的などを伝えると店側も提案しやすいので、漠然とでもいいので予め考えておくといいでしょう。

 

 

展示会

普段は一部しか店頭に並ばない作家ものや、産地のものなどを一度に見ることができます。作り手の生の声も聞け、質問もできるので勉強にもなるでしょう。単独よりもお友達を誘って数名で行ってみるといいでしょう。

 

 

ネットショップ

現在は呉服店が実店舗と並行してネット販売をするケースも増え、昔に比べると安心して買い物ができるようになりました。実際手に取って見られないというデメリットはありますが、ネット商品は通常よりも安価な場合もあり、商品についての質問もメールや電話で対応してもらえることが多いので、納得したうえでの購入であれば気軽に活用できる方法です。

 

 

 

レンタル

留袖などあまり着る機会のない礼装や、購入は難しいけれどここぞという時に着たい豪華なきものなどは、レンタルがおすすめです。結婚式などできものをレンタルする場合には、式場やホテル内に貸衣装があるか確認してみるとよいでしょう。